キャッシングする上で知っておくべき基礎情報!!

キャッシング会社に支払う利息について

キャッシング会社とはお客様にお金を貸すことを業務としている会社です。
お客様にはお金を貸し、利息をつけて返済をしてもらいます。
この利息の分が収益となるのです。

ですので必ずどこのキャッシング会社でも利息はつくのです。
利息は金利により計算されます。
借りた元本に対して金利と借り入れをした期間によって計算されるのです。
多く借りれば借りるほど、そして長期返済になればなるほど支払う利息は多くなるのです。
長期返済になる場合の特徴としては元金の返済分が少ないという事が言えます。
返済額の中には元金の返済分と借入利息が含まれています。そのため、元金の返済が少ない
とその分借入期間がながくなっていきます。解決方法としてはなるべくキャッシング繰り上げ返済することなのでいつも頭の片隅に置いておくとよいでしょう。
なのでキャッシングする際は借入額と金利、支払利息を計算して考える必要があります。
<NAVI>キャッシング業者における上限金利の制限でも詳しく解説中。

利息は一日計算

キャッシング会社の利息は一日計算になりますので、
一日だけ借りた場合には一日分の利息しか付かないのです。
またキャッシング会社の上限利率は法律により決まっています。
例えば10万円未満の融資の場合ですと年率20パーセント、
そして10万から100万未満の場合ですと年率18パーセント、
そして100万以上の場合ですと年率15パーセントとなります。
消費者金融での小口借入の場合は18%付近の金利が多いです。

もしもキャッシング会社がこれ以上の利率で貸付をした場合には
法律違反となり、処分の対象になるのです。
以前はグレーゾーン金利というものが存在し、
制限をこえる利率で貸付をしても罰則の利率でない限りは
処分されなかったのですが、今ではそれは撤廃されています。

もしもこの法律で決められた利率以上で借りてしまった場合には
法律で定められた分以外については支払う必要がありませんし、
もしも支払った後でも返済をしてもらうことができます。

遅延利息について

それから延滞利率などもあります。
これはキャッシング会社からお金を借りて返済日までに
返済ができなかった場合につく罰則金利なのです。
これも実は法律の範囲内で罰則金利が定められています。
先ほどの金利の1・46パーセントまでが罰則金利として認められているのです。
キャッシング会社にとって利息は収益になりますが、
会社により金利に違いがありますので、できるだけ楽に返済をするためにも
少しでも金利の少ないところで借入をする必要があります。
法律ぎりぎりの金利よりももっと安くしてくれているキャッシング会社もあるのです。

COPYRIGHT© 2013 キャッシングの基礎情報 ALL RIGHTS RESERVED.